Tシャツ

イベント界隈で話題になるプリントTシャツ

Tシャツは普段着としていつでも着られるメリットがありますね。デザインも豊富で無地のものから、色々なデザインが施されたものなど、一枚のTシャツにおける可能性は無限大に広がっています。だからこそきちんとしたブランドによるTシャツだけでなく、一般の人が考えたデザインによるプリントTシャツも近年では需要が高まっています。
プリントTシャツは業者に依頼することによって製作することが出来ます。自分で考えたデザインを業者へと送ることにより、世界に新たなプリントTシャツが誕生するのです。それを自分で着てもいいし、イベントで配布や販売してもいいのです。近年では「痛Tシャツ」だったり、「クソダサTシャツ」という形で世に発表したりして、サブカル界隈で話題になっているTシャツがあるものです。見た目でいえばどうにも「ダサい」領域に足を突っ込んでいるにもかかわらず、それが逆に良いと認められます。話題になることでSNSであちこちに発信され、それによってファンが購買欲を刺激されることもあり得ます。
それだけオリジナルのプリントTシャツには力が秘められています。そのため世のサブカル作家の中には二次創作や一次創作の作品を作ると同時に、そのデザインを元にしたオリジナルのプリントTシャツを業者に発注し、イベントで販売するケースが増えているのです。

クソダサいデザインも発注できるプリントTシャツ

「クソダサTシャツ」というものをご存知ですか?Tシャツというと様々なデザイン性がある服であり、大抵の場合は普通に着られるようなデザインとして販売されます。ですが世の中では何が需要あるのかわからないもので、どう見てもダサいデザインをしたもの、あるいはそんなものでいいのか?といったわけのわからないデザインをしたTシャツがあるものです。それが「クソダサTシャツ」です。
プリントTシャツは素人が業者に発注することでも制作出来ます。自分の考案したデザインをTシャツにプリントすることにより、ファッションブランドが出したものではないオリジナルのプリントTシャツが誕生します。ブランド製となればそれはもう綺麗なデザインをしたTシャツであることは間違いありません。綺麗でなければ売れません。しかし素人だからこそ出来ることがあり、それがクソダサいプリントTシャツの製作なのです。
例えば白い下地に一言の文字をバン!と書いただけというTシャツだって出来ます。「ねむい」「働きたくないでござる」といった哀愁漂うものや、SNSで流行した言葉をただ書いたものだって出来ます。あるいは文字だけでなく、デザインからしてクソ臭しかしないものでも構いません。プリントTシャツにおけるデザインは無限に存在し、人の想像したものもまた無限です。Tシャツ1枚と侮るなかれ。素晴らしいデザインをしたものもあれば、クソダサTシャツだって生み出せるものであり、そしてそれを欲しいと思ってしまう購買者もまた存在するのがオリジナルプリントTシャツ界隈なのです。

イベント時にはプリントTシャツを発注してみる

学生におけるイベント時にはプリントTシャツを製作することにより、クラス一同で着こなすということはあるかと思います。文化祭や運動会といったイベントにおいて、気持ちを統一させるという目的の下、プリントTシャツを作るのです。
近年では業者に発注することでオリジナルのプリントTシャツを作ることが身近になっています。昔は自分たちの手によって手間取りながらも何とかオリジナルのプリントTシャツを作る、といったことがあったでしょうが、今ではそういうことはなくなりつつあります。素人が作るとどこかデザインがずれてしまったり、インクの出が悪くて色がかすれてしまったりといったことがあるでしょう。
しかし業者に発注することによりそういった不具合はなくなります。費用は掛かりますが、大量発注することによってそれも抑えられます。あとはクラスの気持ちを一つに出来るようなデザインの考案だけです。発注する側の手間が惜しまれるのはほぼそれだけであり、どのような形でデザインをTシャツに描くのかを考える楽しみがあります。そうして相談を経て完成したプリントTシャツは、きっとイベントを盛り上げることになるでしょう。イベント内での楽しみだけでなく、準備段階からも思い出作りは始まっています。そういったものに華を添えるオリジナルのプリントTシャツ作りをしてみましょう。

専門業者のプリントTシャツは高品質

自分の好みのプリントTシャツを作成したい、クラスでデザインを作成したプリントTシャツを文化祭や体育祭で着用したいなど、オリジナルのプリントTシャツは需要が多くあります。しかし、作成に掛かる費用を抑えたいと考えた場合、どうしても不安になるのはプリント加工の品質よりもTシャツ自体の品質です。安心できる専門業者に依頼して作成しても、生地が薄ければ透けやすかったり、洗濯で伸びてしまったり、破れやすいなどの問題に繋がります。 しかし、今では専門業者もプリントTシャツのベースとなるTシャツのラインアップも豊富に取り揃えており、カラーバリエーションだけでなく、生地の厚さも選択肢が増えています。夏場に着用するのであれば薄手の生地、春や秋ごろに着用するのであれば厚手の生地と選択肢は広がっています。 また、生地の厚さが選べるだけでなく、材質にもこだわることができ、快適に着用できるプリンタTシャツを作成することができます。折角、専門業者に依頼するのであれば、Tシャツのバリエーションが豊富な業者を選ぶのがおすすめです。高品質なものを安く手に入れることもでき、既製品のTシャツよりも安く手に入れることができ、普段着用としての注文もおすすめです。